「やりたいこと」より「できることを」

 転職活動において、履歴書や面接時に自己アピールをする際、自分がその会社でやりたいことを語るよりも、まず今の自分に何ができるのか、その会社にどう貢献できるのかを話した方がよいと思います。企業側はあなたの可能性や熱意だけで採用を決めたいと思うわけではないからです。特に前職と全く違う職種に挑戦する場合、前の仕事の経験をどう生かせるのか考えるのが難しいかもしれません。しかしストレスマネジメントやコミュニケーション能力など、多くの仕事に共通するものは必ずあるはずです。前職で培った自分の強みは何なのか、よく分析しましょう。

 

「自分が面接官だったら?」と考えてみる

 面接を受ける側が緊張するのはもちろんですが、面接をする側も、どんな人が来てくれるのか気になっているはずです。自分が面接をする立場だったら、どんな人と一緒に働きたいと思うのか考えてみましょう。そのためには、その会社の情報をあらかじめできるだけたくさん集めて、どんな雰囲気の会社なのか、求められる人物像はどのようかを想像するといいと思います。

 

最後は熱意を

 自分がその会社でこのようなことに貢献できる、と伝えた上で、最後は「是非、ここで働きたい」という熱意を伝えましょう。最後は気持ちが大事です。同じくらいの能力の志願者が2人いた場合、選ばれるのは熱意のある方です。